<TOP 
<サブメニュー
身近な場所の昔と今
立会川源流の郷


(昭和6年)八幡神社の祭礼の写真
一の鳥居が薄らと旗竿近くに見えている。一と二の鳥居の間のお祭りの様子
この写真を含めて以降の昔の写真は当町会 吉沢副会長のお父上、杉浦さんのお父上が撮影した写真を拝借させていただきました。


南二丁目の昔と今


(昭和 7年)

昭和11年大岡山小学校
秋の大運動会



校舎の角の二階又は三階の窓あたりから撮影されている
この写真は目黒区制施工50周年記念写真集より抜粋


大岡山駅周辺の昔と今



(昭和10年)大岡山駅は改札口が線路の下の地下にあり、ホームは2階ぶんぐらいの階段を登っつたところにあった。
地下駅にになったのはつい最近のことだけど、古い写真を見ると昔を思い出す。
昭和19年ころ(65年以上前)には大岡山駅の東工大側の出口には郵便局があり、その横には人力車が待っていた。
そんな懐かしい風景が写っている。



(昭和44年)右の三角屋根の下が改札口だった。



(昭和56年)北口商店街の中程

都立大学駅周辺の昔と今



(昭和36年)都立大学駅の高架工事中
電車の奥に住友銀行が見えている


(昭和2年)都立大学駅の前身である柿の木坂駅当時
駅の先に見える橋は目黒通り


(昭和36年)東横線の高架に伴って目黒通りを掘り下げ東横線と目黒通りが逆転した。

洗足駅の昔と今

(昭和40年)洗足駅、電車は目黒行                   現在の地下ホーム



(昭和40年)洗足駅改札

八幡神社一の鳥居付近の昔と今



(昭和35年)八幡神社一の鳥居が見える。
現在の立会川の源流は一の鳥居の手前で右に曲がって、現在は歩道の下の暗渠となっている。

(昭和37年)立会川に蓋をする工事の真っ最中



(昭和8年)八幡神社一の鳥居前から西小山方面を見る


多分このあたりだろう昔と今

(昭和21年)吉沢家の北の窓から撮影した写真
現在のサレジオ協会付近   
現在は家が立て込んでいて遠望できない。
 この当たりの下を碑文谷公園の水が立会川へ流れているらしい。
現在もサレジオ協会の裏手から円融寺の脇を流れている。
それ以外にも清水公園から立会川へと桜並木の下を流れている。


電車の先に見える森が碑文谷公園
<TOP 
<サブメニュー